文房具

独学で行政書士の資格を勉強する際のコツ|未来に打ち勝つために

なりたい職業

保育士と子供

なりたい職業で上位に挙がる保育士や幼稚園教諭になるには、専門的な知識を学べる大学または短期大学、専門学校へ進学し、必要な資格を取得する必要があります。多くの知識とともに経験がものをいう職業柄、短期間で資格取得をして即現場で実践的に学ぶことがおすすめです。

子供好きなら転職です

女性

保育士は国家資格ですが、大学卒でなくとも国家試験に合格することで取得可能です。受験資格には決まりがありますのでよく確認してください。また、実際働き出してから困らないように歌やピアノのレッスンは欠かさず行うようにしましょう。

就職や転職を有利に進める

電卓

少しでもいい企業に就職したいのであればマネジメントの資格を取得するのがおすすめで、こうすることで効果的に採用担当者に好印象を与えらます。また、マネジメントの資格取得を目指すなら自分のライフスタイルに合った勉強法を見つけるのが大切です。

合格率一桁に入るために

電卓を持つ男性

自分のペースで勉強する

行政書士は受験資格がないので、誰でも試験を受けることは可能です。未成年でも受けることはできます。しかし未成年の場合は、合格しても行政書士として働くことができるのは成人になってからなので、それはでは資格保持者となります。そして自己破産した人でも試験を受けることは可能ですが、行政書士として活動する場合は、自己破産から半年ほど経って復権手続きを行なわなければなりません。それをクリアできれば活動できます。その行政書士は毎年の合格率は一桁といわれており、7パーセントの合格率だったときもあれば2パーセントというかなり低い数字のときもあります。それだけ難しく感じられる行政書士の資格は、独学で勉強することができるのかといえば十分行なうことは可能です。独学で勉強するには、自分のペースを確保し、試験対策に役立つ参考書や過去問を入手し、裁判の判例など調べながら勉強すれば、その少ない合格率に入ることはできます。参考書は何も最新のものを購入しなくても、中古本を販売しているものでも勉強できます。しかしあまりに古いものの場合は、法が改正されていることもあるので注意が必要です。もし初めて行政書士の勉強をする人の場合は「入門書」から始めると、解りやすく説明されたものがいくつもあります。独学はとにかくやる気を持続させ、集中させ続けることが重要です。勉強しやすい場所を確保することが大切で、自宅が無理なら実習室を借りるなどして勉強する人もいます。集中して勉強することができれば、独学でも1年勉強して取得できたという人は数多く存在しています。