鉛筆

独学で行政書士の資格を勉強する際のコツ|未来に打ち勝つために

なりたい職業

保育士と子供

小さい子どものお世話をする仕事である保育士や幼稚園教諭は、今も昔も将来なりたい職業の上位に選ばれています。保育士や幼稚園教諭になるためには専門的な知識を必要とするため、保育士または幼稚園教諭の資格を取得する必要があります。資格取得には大学または短期大学、専門学校で学ぶ必要があり、近年では保育士は通信教育でも学ぶことが可能になりました。保育士は0歳児から入園可能な園もあるため、最長で生まれたばかりの時期から小学校入学直前までの約6年間の育児サポートを担います。また、園へ預ける時間も長くなる場合が多く、朝7時から夕方17時までの約10時間といちにちのほとんどを園で過ごす子どもも居ます。子どものお世話は遊びだけでなく食事や排泄のお世話に午睡、生活の中でのしつけなど多岐に渡ります。近年では小1ギャップと呼ばれる、小学校へ入学する以前に国語や算数の学習を始めている幼稚園児との学力の差についても出来るだけ無くなるよう学習サポートも担う必要が出てきました。多くの業務を求められる保育士ですが、必要なのは子どもが好きだということと体力、そして経験です。子どものことを第一に考え、何よりも優先出来る心を持てるかどうかは大変重要になります。また、元気いっぱいの子どもたちを相手するわけですから、とにかく体力が必要です。そして、経験がものをいう職業であることも確かです。そのため保育士を目指すなら、短期間で資格取得が可能な短期大学や専門家学校を選び、資格取得後は即現場で実践から学びより深い知識や経験を得るようにするのがおすすめです。